歯科用CTについて

Top > 歯科用CTについて

歯科用CTについて

CTによる3次元画像診断
 当院では、治療精度をさらに高めるために、CT機器を導入しました。CTにより、様々な治療分野で精密な診査を行うことが可能になります。
 インプラント治療や、歯の移植治療等においては、顎の骨の立体的な形を把握しておくことが大切です。また難治性の根管治療を行う際にも、根の状態や原因を特定する際にも大変役立ちます。 。

歯科用CT 歯科用CTに出来ること
 歯科領域ではインプラントの術前診断はもとより、歯周病診断における歯槽骨欠損部の病態の把握、 再生療法の経過観察や効果判定、根尖病巣の診断、根管形態の診断、歯牙および歯根破折の診断、 う蝕(虫歯)の診断などあらゆる診断が可能です。口腔外科領域では顎関節、上顎洞などの病変の診断等さまざまなことに使用可能です。
 患者様にとっては事前にインプラントにおける手術の状態が細かく把握できることによって、より正確で安全な治療が受けられるようになります。顎骨内のインプラントドリルやインプラント体の位置、 方向が手に取るようにわかることになります。 。

歯科用CT