山梨、内藤歯科医院

Top > 噛み合わせ治療例集

噛み合わせ治療例集


山梨、内藤歯科医院 改善例 (女性 17歳)
顎の痛み、開口障害が起こり、調整により改善し、顔色も良くなった。

治療前
顎関節の痛みがあり、口が二横指(指を横にして二本分)しか開かず、食事が摂れない状態が続き、気力がない状態になっていました。

治療後
首の触診、頸椎の触診により右上と左下に強くあたるところがあり、ラバーアジャストを行なったところ、一瞬にして開口し、痛みも軽減しました。首こりもとれ、血行が良くなったことで顔色も良くなり、顔が熱くなってきたので、信じられない様子でした。


山梨、内藤歯科医院 改善例 (女性 56歳)
歯が原因と分からなかった驚きと、体が楽になり、動けるようになった喜びで、まさか噛み合わせで、こんなに良くなるのかと感動されました。

治療前
膠原病を発症して数年経ちますが、辛い日は、朝起きれない毎日で、体がこわばり、やる気のない毎日です。首こり、肩こりがひどく、自律神経のバランスも良くありませんでした。

治療後
噛み合わせの診断は、咬合器診断では、関節を後方へ押しやる咬合で、また、関節の動きと歯牙の形態が合っていない補綴物でした。
胸鎖乳突筋、頸椎の触診では、左上と右上の歯が高い状態でした。
ラバーアジャストと触診により数回調整したところ、楽になりましたと言うようになり、首こり、肩こりがとれると同時に、朝も起きられるようになり、生活にハリが出てきているようです。


山梨、内藤歯科医院 改善例 (女性 42歳)
首こりがひどく、頭痛、肩こりもあり、毎日の生活が辛い状態だったのが改善。

治療前
体調が悪く、とにかく首が回せないくらい痛く、こっている状態です。

治療後
治療の前に噛み合わせの診断をすると、上下左右冠が被せてありました。
また、左の胸鎖乳突筋は太くなるぐらい硬結しており、左の頸椎もかなりの圧痛がありました。右でロール綿を噛んでもらうと平均化してきました。そして、冠が被っている歯の左下をラバーアジャストして、聴力を再度測定すると、平均化の傾向になり、首こり、肩こりは改善されました。